マンタム / Mantamu 美術作家・オブジェ作家・骨董商

2010年パラボリカ・ビスで初の個展になる「錬金術師の為の憂鬱」を開催。
以降7回の個展と多くのグループ展に参加
チェコ大使館でヤン・シュヴァンクマイエル氏へのオマージュ展である「ヤン・シュヴァンクマイエル氏への逆襲」展を企画開催以降パラボリカ・ビス阪月眠ギャラリー等で企画展を開催。
晶文社より骨董商として「がらくたからたから」初の作家本として「鳥の王」を刊行鳥の王にはヤン・シュヴァンクマイエルからのメッセージが織り込まれている
美術作家としてパラボリカ・ビスでの展示の空間設計の多くを担当
アートコンプレックスセンターで開催された上原木呂、マックス・エルンスト、ヤン・シュヴァンクマイエルによるコラージュ展の美術監督を担当
L'Arc~en~CielのHYDEが率いるユニット、Halloween Junky Orchestraの2012年10月17日発売のPVに特殊美術として参加鳥の王を含む作品を多数提供
新宿マルイワンの最後のイベントとなったGet Ready for Halloween!の美術監督を担当
渋谷 グリモワール アルマデル ノトリアの空間設計を担当
「A STORY新宿新南口店の空間設計を担当」
まぼろし博覧会 村崎百郎館 未確認生物博覧会会場を構築
h.NAOTO原宿+店 最後のイベントとなった二階健ディレクションによるSTEAM BLOOD展の空間設営を担当。
会期中に開催されたハロウィンパーティにはアレイスター・クロウリーが三代目の首領を務めたO.T.O. (東方聖堂騎士団) の
日本代表Hieros Phoenix氏と神木ミサ(魔術師・作家)氏を招聘。」
マンタム コレクション
  • 2016SS
  • 2015AW
仮面の杖は 娼婦のものとして作りました。
白く塗られたものは仮面として作られていますが茶色のものは顔の為の拘束具として作られています。
私にとって娼婦とは性を売るものでありその為に自身の性を封印しているものというイメージがあるのですが
それは精神的感覚的な自身にとっての性であるため顔を拘束する拘束具になったのです。

髑髏の面 (高官の為の杖)
高官が高官である理由は権力者であるからで現在の貧富の差を是正しない社会においては
権力者の本質は民衆に対する生殺与奪までをも含めた権力の行使にあります。
この杖は高官達が死を司る事で己の地位を堅持していることを意味しているのです。

学生の為の杖 (鸚鵡貝の杖)
私にとって表面を酸で溶かされて真珠層が剥き出しになっている鸚鵡貝は子宮か頭蓋骨を想起させるものがあります。
つまり生と死を同時に内包している器でありそれは学生が学ぶべき根幹にあるものと考えたのです。
「全てを失った王の為の4本の杖」

王は何もかもを失っていた。

治めるべき領土も 領民も かしづくべき家来達も何もかもを失い殺される価値さえも認められず地下に幽閉されたのだ。

王は水が壁を滴る光さえ入らない冷えきった地下の牢獄でこれから死ぬ為だけにここで生き続けなければならないのだ。

全てを失いただの老人となった王にはもうなにもできないだろうがそれでもこの牢獄から逃げ出すことの無いように
足の健を切断されていた。

もうまともに歩くことさえ出来ない哀れな王の為にかつて王に使えた魔術師が4本の杖を造ったのだ。

杖は4本だが 2からはじまって5で終わる数字が打ち込まれている。

それは王が数字というものが2から始まると考えていたからだ。

つまり1はただそれがあるだけのことであり2という数字になってはじめて数字としての意味を持つ。

王はそう考え それ故 王の数字はすべて2からはじめられていた。

2の杖は 水晶を頭頂部に埋めこまれた猿が水晶の口かせをはめられ足に引き抜かれた根が生えている。

頭頂部に埋めこまれた水晶は猿の考えを知る為だ。

水晶の口かせは嘘をついてもそれを直ぐに見抜く為で引き抜かれた根は彼らの生活の地盤である土地から彼らを
王の都合で引き離し戦場に送る為だ。

王は領民を一切信用せず常に自分の都合の為にだけ無理な使役を課していたのだ。

王は最初に領民からの信頼と畏敬を失ったのだ。

3の杖は長い杖でありこれは杖と言うものが本来は選ばれたものが持つべきものでありそれによって人々を導く為のものであることを意味している。

つまり王は民や臣下に対しての指導力をも失っていたのだ。

4の杖は 技術と経済を象徴する杖である。技術と経済はそれぞれに密接な関係にありその相互のバランスがうまく働けば相互に良い結果をもたらしそれが国家におおきな活力を与ええるものなのだ。

だが折角の技術も私利私欲の為に使われるだけではその根本にあるあらゆるものを失う結果にもつながるだろう。

王は目の前の僅かな利益の為に本来あるべき目的を見失い結果何もかもを見失ってしまったのだ。

5の杖は牙の杖である。これは王の闘争心を意味する。

だが本来の闘う為の目的を忘れ利慾に溺れた王にとって王の存在の為の理由ですらあった闘争心は失われ杖に封印されてしまったのだ。

もはや王は自らの命を絶つことさえ出来ず生きることこそが牢獄となり 生きる時間が長ければ長い程堪え難い苦痛が彼を締めあげるだろう。

王が失いそれぞれの杖に封印された力は王をこの暗がりに閉じ込める為にのみ存在するのだ。